もう歯を『削らない』『抜かない』 -予防歯科-

予防歯科

予防歯科ではこのような方をサポートしています。

  • 繰り返す“むし歯”や“歯周病”の問題を解決したい
  • 生涯自分の歯で食べ続けたい
  • もう自分の歯を削りたくない
  • 歯の汚れや着色をキレイにしたい
  • 口臭予防に取り組みたい

予防歯科とは

歯磨き女性

「歯医者さんは歯が悪くなったら通う場所」とお考えの方も多いでしょう。

しかし歯は一度失われると、髪の毛や爪のように再び元に戻るようなことはありません。むし歯を繰り返すたびに歯質は失われていき、やがてその歯は寿命を迎えてしまいます。つまり生涯にわたり自分の歯で食べ続けるためには、何より“むし歯にならないこと”“歯周病にならないこと”が一番の近道なのです。

予防歯科は従来のような悪くなった歯を削る・抜く治療ではなく、歯を削らない歯・抜かないための取り組みをおこなう診療科です。ぜひ私たちと一緒に、自分の歯を1本でも多く残すための予防歯科をはじめていきましょう。

当院の予防歯科でおこなっていること

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC

普段の歯磨きでは落としれない細かいすき間の汚れを、専用の機器を使って隅々までキレイに取り除いていきます。処置後は「お口の中がスッキリした!」「歯がツルツルして気持ちいい!」と多くの方に好評です。

歯石除去

歯石除去

プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます。

歯石はそれ自体が歯に悪い影響を与えることはありませんが、ザラザラした表面には細菌が付着しやすく、新たなむし歯や歯周病、口臭の原因になってしまいます。また歯石は歯ブラシなどでは落とせないため、定期的なクリニックでの除去をお勧めしております。

エアフロー

エアフロー

エアフローは非常に細かいパウダーを歯面に吹きつけ、歯の表面のネバネバ(バイオフィルム)や茶渋、タバコのヤニ汚れなどを落としていく機器です。微細パウダーが歯と歯の間などの細かいすき間の着色汚れもキレイに洗い流し、その歯本来の色を取り戻していきます。

フッ素塗布

フッ素

フッ素には歯質を強くするほかに、歯の表面の修復作用(再石灰化作用)をうながしたり、むし歯菌が酸を産出するのを抑えたりする働きがあります。歯石除去、PMTCなどのクリーニングの後にフッ素塗布をおこなうと、その効果がより高められます。

予防歯科のQ&A

予防歯科へはどのくらいの頻度で通院するのがベストですか?

お口の清掃状態や歯並びなどによって個人差はありますが、特に問題がない方であれば3ヶ月に1度の通院をお勧めしております。歯周病が進行している方、また歯石や着色汚れが付きやすい方など、個々の症例によっては1~3ヶ月ごとに通院される方もいらっしゃいます。

定期的に予防歯科に通うと、実際にどのくらい効果がありますか?

日本国内における調査では、歯科で定期的な健診やクリーニングを受けている方はそうでない方よりもお口の健康が長く保たれていることが実証されています。

また予防歯科の受診を国が義務化しているスウェーデンでは、80歳の平均残存歯数が『25本』と世界的に高い水準を維持しています。同年代の平均残存歯数が『15本』である日本人との差は歴然であり、このことからも予防歯科の効果の高さがうかがえます。

予防歯科での処置に痛みを感じることはありますか?

予防歯科でおこなう処置は、基本的に痛みを感じることはありません。

ただし「むし歯がある」「歯ぐきが腫れている」といったケースでは、そのまま処置をおこなうと出血や痛みともなう可能性があります。そのような場合には、むし歯の治療や歯ぐきの炎症を抑える処置を優先的におこないますことをご了承ください。

ヤニ汚れや茶渋のクリーニングだけでもOKですか?

はい。気になる部位のクリーニングだけでもぜひお気軽にご来院ください。着色汚れにはPMTC・エアフローがお勧めです。

医療法人社団 PRECIOUS.SMILE MOMO DENTAL CLINIC

TEL:044-922-46188:00-12:00 / 14:00-19:00
休診:木午後/土午後/日/祝

診療時間