入れ歯でも美味しく・快適に -入れ歯治療-

このようなお悩みのある方は当院までご相談ください

入れ歯が合わない女性
  • 今使っている入れ歯が合わない
  • 初めての入れ歯で、不安なことやわからないことが多い
  • 食事や会話をもっと楽しみたい
  • 入れ歯の不快感を解消したい
  • 見栄えの良い入れ歯を探している

入れ歯とは

入れ歯は歯のない部位の歯ぐきや粘膜を床(しょう)で覆い、そこへ歯の代わりとなる人工歯を並べる補綴装置です。ご自身の歯が残っている場合は『部分入れ歯』を、すべての歯を失った場合は『総入れ歯』を装着していきます。

部分入れ歯

歯を部分的に失った場合に使用する入れ歯です。
『床(しょう)』と『人工歯』にくわえ、ご自分の歯にかける『クラスプ』という留め具の3つの部品でできています。

総入れ歯

ご自分の歯が1本も残っていない場合に使用する入れ歯です。
顎の全体を『床(しょう)』で覆い、その上に『人工歯』を並べます。

当院の入れ歯治療

種々のメニューから患者様にピッタリな入れ歯をご提案

当院では保険で作製する入れ歯をはじめ、自費で作製するオーダーメイドタイプの入れ歯も各種ご用意しております。

はじめに現在の入れ歯の使用状況や入れ歯に関するお悩み、さらに新しい入れ歯に対するご要望やご予算などの詳細をお聞きします。そしてそれらの内容とお口の中の状態を照らし合わせながら、患者様に最適な入れ歯についてご提案させていただきます。

入れ歯に関しての疑問点やご不安な点、ご希望など、何でもお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯

保険の入れ歯

保険が適用されるため、比較的安い価格で入れ歯を作製できます。ただし床と人工歯にはプラスチック、クラスプには金属と、使用できる材質に制限があります。

メリット
  • 費用が安い
  • 修理がしやすい
デメリット
  • 入れ歯に厚みが必要なため、違和感が強い
  • 割れやすい
  • 食事や会話がしづらい

自費の入れ歯

自費の入れ歯

使用する材質を自由に選べるほか、作製にも時間がかけられるため、患者様の様々なニーズに合わせて入れ歯の作製がおこなえます。ただし治療費は全額負担となりますので、保険の入れ歯よりも費用が高額になります。

メリット
  • 装着感や噛み心地を重視した入れ歯の作製が可能
  • 見た目もきれいにできる
  • 丈夫で長持ちしやすい
デメリット
  • 丈夫で長持ちしやすい
  • 費用が高額
  • 入れ歯によっては修理ができないものがある

当院の自費メニュー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

通常のプラスチックよりも柔らかい材質で作製する入れ歯です。歯ぐきにぴったりとフィットしやすく、装着感に優れています。またクラスプ部分に金属を使用しないため見た目も良く、金属アレルギーの方にも安心してご使用いただけます。

金属床

金属床

床の一部に金属を使用する入れ歯です。金属は薄くしても強度が保てるため、上あごの部分や舌に接する部分を金属に置き換えることで、装着時の違和感が軽減できます。

また入れ歯が薄くなる分、お口のスペースが広くなるため会話もしやすくなります。食べ物の温度変化を感じやすくなるのもメリットです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の裏側に磁石を挿入し、磁石同士が引き合う力を利用して入れ歯を固定していきます。非常に安定感が良いため、「食事や会話の時に入れ歯が動く」といったお悩みも解消されます。またクラスプがないため見た目も良好です。(歯根が残っている方のみ適用可)

インプラントデンチャー

インプラントデンチャー

入れ歯の固定にインプラントを利用します。顎の骨の中にインプラントを数本埋め込み、その上にロケーターという部品を装着します。ロケーターと入れ歯に取り付けられた留め具が“ボタン”のような役割を担い、お口の中で入れ歯がしっかり維持されます。

固定の仕組みはマグネットデンチャーに似ていますが、インプラントデンチャーはお口の中に歯根が残っていない方にも適用できるのが特徴です。

医療法人社団 PRECIOUS.SMILE MOMO DENTAL CLINIC

TEL:044-922-46188:00-12:00 / 14:00-19:00
休診:木午後/土午後/日/祝

診療時間