当院のインプラント治療の特長

経験豊富な歯科医によるインプラント手術

インプラント歯科医師

インプラント治療では、はじめにフィクスチャ―(人工歯根)を顎の骨の中に埋め込む外科手術が必要です。通常のインプラント手術のほか、骨の造成術や再生治療(骨を増やしたり再生したりする治療)にも対応が可能です。

他医院にて「インプラントは難しい」と診断された方や、より専門的な治療をご希望の方は、ぜひ当院までご相談ください。

歯科用CTを用いた精密診断

歯科CT

当院では、歯や顎の形態を前後左右あらゆる角度から立体的にとらえる歯科用CTを院内に設置しています。歯科用CTは従来のレントゲンでは確認できなかった顎の骨の厚みや高さ、神経や血管など重要な組織までの位置を正確に把握することができます。

またどの位置にインプラントを入れたら、よりよい咬み合わせになるかを事前に模型上やCT画像上でシミュレーションするので実際にお口の中でインプラントがしっかりと機能されることができます。

当院ではこのような事前の精密診断を、インプラント治療の精度向上や術中の事故の防止に役立てています。

世界中で実績のあるインプラントメーカーを採用

バイオホライズン

インプラントは患者様の“体の一部”として長く使用されるものですから、確かな実績と安全性が保証されているメーカーのものを選択しなければなりません。

このような観点から、当院ではアメリカの『バイオホライズン社』及び『ジンマーバイオメットデンタル社』『ノーベルバイオケア社』のインプラントシステムを採用しています。どちらのメーカーも世界中で高いシェアを誇り、長年の実績と治療成果が支持されています。

「手術が怖くてインプラントにできない」という方のために(静脈内鎮静法)

静脈内鎮静法

インプラント治療のハードルを高くしている要因の1つに、外科手術の必要性が挙げられます。実際に「インプラントを選択したいけど、外科手術が怖い」という理由から、治療をあきらめる方も少なくないようです。

当院ではそのような方にも安心し治療を受けていただくために、ご希望の方には『静脈内鎮静法』によるインプラント手術もおこなっております。静脈内鎮静法とは手術に対する不安や恐怖心を鎮静剤で和らげる麻酔法で、リラックスした状態の中で手術が進められていきます。

全身麻酔のように完全に意識を失うわけではなく、感覚的には“うたた寝”に近い状態となり、こちらからの呼びかけにも応答できます。「手術が不安」という方は、ぜひ一度当院にてご相談ください。

もう一度、よく噛める -インプラント治療-

こんな方にインプラント治療はおすすめです

  • 歯を失う前と同じように食事を楽しみたい
  • 残っている歯を削りたくない
  • ブリッジや入れ歯の不快感を解消したい
  • ただ噛めるだけでなく、見た目もきれいにしたい

インプラントとは

インプラント

インプラントは歯を失った際に、その歯の代わりとなる人工歯によって見た目や噛む機能を回復していく治療法の1つです。

『フィクスチャ―(人工歯根)』『アバットメント(連結部)』『上部構造(人工歯)』の3つのパーツからなるインプラントは、その構造が天然歯によく似ているのが特徴です。まず顎の骨の中に埋め込まれるフィクスチャ―が天然歯の“歯根”の役割を担い、その上にアバットメントで連結される上部構造が実際に“歯”としての機能を果たします。

噛み心地も見た目も天然歯と変わらないほどまでに再現できるインプラントは、乳歯・永久歯に続く“第3の歯”との呼び声も高まっています。

インプラントとブリッジ・入れ歯との違い

歯を失った部位に代わりの歯を補う治療法には、インプラントのほかにもブリッジや入れ歯があります。いずれの方法にもメリット・デメリットがあるため、治療法を選択する前にそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

当院では個々のお口の状態やご要望、ご予算などを考慮したうえで、患者様に最適な治療法をご提案してまいります。わからないこと、ご不安なことなどございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

インプラント

インプラント
特長 フィクスチャ―を顎の骨の中に固定し、その上に人工歯を装着する
メリット
  • 天然歯に近い噛み心地
  • 見た目がきれい
  • 他の歯を削る必要がない
  • 残っている歯に負担がない
  • 残っている歯を守れる
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 保険適用外で費用が高額

ブリッジ

ブリッジ
特長 歯のない部位の両側に残っている歯を削り、人工歯を橋渡しのように補う
メリット
  • 噛みやすく違和感も少ない
  • 保険が適用できる
  • 自費のブリッジでは、見た目もきれいにできる
デメリット
  • 歯を削る必要がある
  • 支台となる歯への負担が大きい
  • 保険のブリッジは見た目に劣る

入れ歯

入れ歯
特長 歯ぐきをプラスチックの床(しょう)覆い、その上に人工歯を並べる
メリット
  • 治療が比較的簡単で、期間も短い
  • 歯を削る必要がない
  • 保険が適用できる
  • 自費の入れ歯は、見た目やフィット感が良い
デメリット
  • 違和感が強い
  • 噛みにくい
  • 会話がしづらくなる場合がある
  • 保険の入れ歯の場合、見栄えが悪くなることがある

医療法人社団 PRECIOUS.SMILE MOMO DENTAL CLINIC

TEL:044-922-46188:00-12:00 / 14:00-19:00
休診:木午後/土午後/日/祝

診療時間